人気ブログランキング |

女の美意識と男が美しいと思うものについて

私は美容院は固定しておりません。
お店も選ばなければ、スタイリストさんにもこだわりはありません。


髪の毛を変えたいと思ったその時に、予約が取れる美容院の、予約が取れるスタイリストさんにお願いしています。


そんな生活をしていたある日、ある共通点を見つけたのです。






『女性スタイリストさんはナチュラルを好み、男性スタイリストさんは仕上げに巻きたがる。』






美容院に行くと、大抵聞かれるのは、
「このあと、どこかに出かけられるんですか〜?」
という会話。


いえ、特に予定はありません。と言うと、
女性スタイリストさんは、
「じゃあ、今日はすぐ寝られるように、洗い流さないトリートメントで仕上げておきますね〜」
という、流れになります。


わたしは、それがとっても有難くて、このまま寝れるなんて、なんて素敵なんだと思います。
仮に、出かけるという流れになっても、女性スタイリストさんは、ブローかアイロンでストレートに仕上げてくれる確率の方が高いです。






男性スタイリストさんは、そうはいきません。
大抵の人は、こう言います。
「せっかくなんで、巻いていきます?」




え?せっかく??
せっかくって、何??






私は、争いは好まない性格なので、
「巻かなくていいです。」と言えません。
なんだか否定してしまった様で申し訳なくて言えません。
スタイリストさんが、綺麗に仕上げて下さるその心意気を無駄にもしたくないってゆーのと、巻いて綺麗になれるのなら、それに越したことは無いなと思って
結果巻く流れになるのです。
(私の返事を聞かぬまま、大抵この時点ですでに巻くためのコテは温まっています。)







ただね、ただね、1つ問題がありまして。





私、人一倍 毛量があり、そして頑丈なので、巻けないんですよ。
巻いてもすぐにとれてしまうんです。
尚且つ、毛が多いので、巻くことによって頭が2倍の大きさに膨れ上がり、


毎回、欧陽菲菲(オーヤンフィーフィー)みたいになるんですよね。
c0177527_00105333.jpg

(ホームページより)





その過去の体験も踏まえて、
「わたし、毛が頑丈なので、巻いてもすぐ取れちゃうんですよ」と、やんわりと断ります。




しかし、大抵の男性スタイリストさんはこう言います。
「えー?そうかな?そうなんだ〜?巻く向きによっては、全然うまくウェーブが出来るから。じゃあ、巻き方教えてあげるよ!」
と言います。




その押しに負けて私は巻かれます。

人生、長いものには巻かれろって言いますもんね。

ええ、巻かれるのは慣れてますよ。


さあどうぞ私をラブイズオーヴァーの世界に連れて行って下さい。
c0177527_00105558.jpg






案の定、うまくウェーブが出ず、
巻きに巻きを重ね、
今日も私は欧陽菲菲になりました。
by kagawaarata | 2016-09-15 00:01 | Life