人気ブログランキング |

<   2010年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ちょこん とね。

お恥ずかしながら、
初めて見ました。








委託をお願いしてから、一度お伺いしましたが、改装中で入ることが出来ませんでした。
(お兄さんが、四苦八苦されていましたね・・・・。電気の調子が悪かったみたいで・・・・。)




それから、ずっと行きたいと思っていたのですが、なかなか機会が無くて今日に至りました。










アタシ、泣きそうです。








よそ行きの服を着せてもらって、

チョッピリすまし顔で店頭に並んでいました。




とても嬉しかったです。





c0177527_1564844.jpg




アラスカ文具店
営業時間 12:00 ~ 19:00
定休日 水曜日
住所 岐阜県岐阜市弥生町10番地 やながせ倉庫 木造スペース


http://alaskabunguten.com






近々、リニューアルされるそうです。

機会があれば、是非!!!!!!!

by kagawaarata | 2010-01-27 02:05 | Event

鬼に金棒。

とってもかわいいネコちゃんのストラップを頂きました!!!



ボタンを押すと、ニャーニャーと鳴いてくれるんですよ。



スタイリッシュな黒猫ちゃんです★



携帯の色と同じなので早速、装着させて頂きました!!!


c0177527_05183.jpg







このネコちゃん、鳴くだけでは無いんです。

同時に目が光るんです。





光るっつっても、発光度がハンパねえ。




病院の殺菌灯の光みたいなのが、モロに眼球を狙って光ります。

この光を浴びると、目の奥が痛い!!!

この治療法で、私の視力が1.2まで上がりました!!(ウソ。でも視力は本当。)











c0177527_0544451.jpg



私に武器が増えました。

誰にも負ける気がしません。





ミルクさん、ありがとう★
by kagawaarata | 2010-01-26 01:09 | Life

こんなところに。



ワタシは友人の悩みとかを解決してあげたくなる人間だ。


こう書くと、「ワタシはいい人だよ。」と自己申告しているみたいだが、


それはただのエゴイストなんだって最近気づきました。


悩みを抱えている当の本人にとっては私の行為はありがた迷惑なのだ。








昨日、友人とそんな話をしながら、
大好きなカフェに行き、
席に着いた瞬間にハッとしました。









c0177527_23435889.jpg





みつを~~~~~~~~!!!!!!

みつをWOWOWOWOW!!!!!







そっとしておく思いやり・・・・。
by kagawaarata | 2010-01-25 23:48 | Life
デ〇ゴス〇ィーニ


今は、『江戸』らしい。
c0177527_22295812.jpg




デ〇ゴス〇ィーニと聞くと、私はTさんを思い出す。


Tさんは、昔にデ〇ゴス〇ィーニから創刊されていた『週間ドールハウス』を集めていた。
一週間ごとに、各パーツを集めていく例のアレである。








ある日、Tさんは仕事で2ヶ月ほど東京出張へ行くことになった。
Tさんは、そのときデ〇ゴス〇ィーニが頭によぎったのであろう・・・。


『東京の書店でデ〇ゴス〇ィーニ(しかもドールハウス)を買ったとしても、持って帰ってくるのに結構な荷物だ・・・』

『しかし、同僚も一緒だし、同僚の手前、デ〇ゴス〇ィーニ(しかもドールハウス)を買うのもかなり抵抗がある・・・』









そんなこんなで、Tさんから私に任務が与えられた。
「東京出張の間分のデ〇ゴス〇ィーニを買っておいて欲しい。」

私は初め、その話を丁重にお断りした。
c0177527_22502682.jpg


さすがに毎週、ドールハウスを買いに行くのは少し恥ずかしい。(エロ本一冊≦2ヶ月分のデ〇ゴス〇ィーニ である)
しかも、あのシリーズは¥980は創刊号だけで、それ以降は 結構なお値段がするのである。




だが、Tさんは諦めなかった。
「買っておいてくれるのなら、それ相応の御礼(なにかご馳走してくれるらしい)をする」と言われ、
Tさんのドールハウスへの思いと、今まで集めてきたコレクションへの愛情を、力説された。





さすがの私も、そんなTさんを不憫に思い、(というより、ゴチに惹かれて)
わたしは2ヶ月分のデ〇ゴス〇ィーニを買う約束をした。








その2ヵ月間は、私なりに必死になってデ〇ゴス〇ィーニを買い集めたような気がする。
創刊号からの数冊は結構大々的に書店にも積まれるのだが、
日が経つにつれてどんどんスペースが小さくなり、
端の方に追いやられて、見つけるのにもなかなかと手間がかかった。


そして、とうとう置いてない書店も出はじめたのだ。


私は、いろいろな書店を這いずり回り、ドラゴンボールを集めるかのようにデ〇ゴス〇ィーニを集めたのだ。











そして、とうとうある日・・・・・・・・






私は、ドラ・・・
いや、
デ〇ゴス〇ィーニを手に入れることが出来なかった。


どれだけ書店を回っても、発売日のはずなのに売っていないのである。






私は、その夜 Tさんに電話をして事情を説明した。

するとTは、この世の終わりかのような ため息をつき、私を責めた。

「何のために、お前はそこに住んでいるの??」




私はTさんに謝り(何故か、不思議なことに、この辺から立場が逆転していた。)
自分の無力さを情けなく感じていた。
















後から知ったのだが、

デ〇ゴス〇ィーニは、ある号数まで発売されると それ以降は『お取り寄せ』になり、書店には並ばないらしい。定期購読を申し込まなくてはいけないのである。








書店には並ばないらしい・・・・。



そう、書店には並ばないのである。










だから、今でもデ〇ゴス〇ィーニのCMを見ると、トラウマのようにTさんの一件を思い出す。






●東京出張から帰ったTさんの手元には、なぜか私が買っておいたものとかぶっている号があったこと。(信用していなかったらしい。)



●Tさんはその後、数冊を集めたあと、すっかりデ〇ゴス〇ィーニ熱は冷めてしまい 集めるのをやめてしまったこと。




●耳元で聞こえる 「何のために、お前はそこに住んでいるの??」










間違いなく言えるのは、ドールハウスを集めるために住んで居るわけではありません。

c0177527_23147100.jpg


by kagawaarata | 2010-01-13 23:23 | Life

七草粥。

今日は、七草粥を食べました。


マクロビ的にも、体内をデトックスしてくれる作用があるらしい。


c0177527_2340958.jpg





正月の不摂生も、これでチャラになったかな・・・・。(ならない。)






7種の野菜を刻んで入れた粥(かゆ)を七種粥(七草粥)といい、
邪気を払い万病を除く占いとして食べる。
呪術的な意味ばかりでなく、御節料理で疲れた胃を休め、野菜が乏しい冬場に不足しがちな栄養素を補うという効能もある。(Wikipediaより)







基本的に私は、何でも食べますが、

マクロビの話をすると、みんな口をあわせて言うのは「それ宗教?」という言葉。

こーゆーところから来てるのかな。
by kagawaarata | 2010-01-07 23:47 | Life

あけました★

                     はっ!!




               気づいたら、もうこんな日にちになってた・・・。

            今年も、こんなスピードで月日が過ぎていくのですね。                  















                 あけまして 
                 おめでとう
                 ございます             

               本年も宜しくお願い致します。


 






                    年が明けてから、忙しかったのか?というと、
                    『飲んだくれる』以外には何もしていません。









年末から年越しにかけて、Mちゃんとカウントダウンに行き、
そのままお伊勢さんに行ってお参りし、
c0177527_0232686.jpg


元日には、夜中まで飲んだくれて、
二日目は二日酔いでダウンしていて、夕方にちょっぴりだけ飲みに行って、
三日目は朝からボードに行って、夕方から飲んだくれて・・・・





ああぁぁぁ・・・・2010年の幕開けが、こんなんでいいのかと、自分の甘さに嫌気をさしているんですけど。


でも、年末から今日にかけて
色んな友人と会って飲んだり遊びに行ったりしたのも、普段出来ないことなので とっても有意義で楽しかったんですけど。





何だか解らないけど、

「し~んぱい 
ないさ~~~~!!!」


c0177527_0261212.jpg









あ、間違えた。








「し~んぱい 
ないさ~~~~!!!」
c0177527_027890.jpg


by kagawaarata | 2010-01-07 00:41 | Life