<   2012年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

うがい薬。

家庭で余りがちな薬。
イソジンのうがい薬。



君はこれを使いきったことがあるか??
c0177527_22193046.jpg














私はある!!
by kagawaarata | 2012-10-19 22:15 | Life

佐久島〈5〉

佐久島には、
松岡徹さんの作品が沢山あります。

c0177527_21484739.jpg





どれも異様な存在感を放っているので、ぜひ体験しに行ってみてください。
 

c0177527_21484818.jpg



c0177527_21484932.jpg



c0177527_21485058.jpg



c0177527_21485130.jpg






どこで、どんな縁に恵まれるかなんて分からない。







佐久島で、早い夜ご飯を食べて、帰りの船を待っていました。

うっかりと最終船の時刻を勘違いしてしまい、急ぎ足でギリギリで船に駆け込みました。


すると、私達が来た方から、バイクで港に乗りつけるメンズ。


「あれ・・・?」




「忘れ物ですよ!!」




さっき、ゴハンを食べていたお店に友人が、デジタルカメラを忘れてしまい、それを届けに来てくれたのです。















推定70歳のメンズ。

40年前だったら、トキメキな出会いでしたね。

c0177527_21485253.jpg






毎日が、刺激があるなんてものすごく恵まれていることなんだ。

いい事でも、悪い事でも、その日に何かが起きるって事は、素晴らしい事なんだ。


逆に、何にも起きず、ただその一日が過ぎて行く。
それも、物凄く恵まれている事なんだ。



私は、恵まれている事に、恵まれ過ぎていて気づかなかったなぁ。




素敵な島でした。佐久島。
ありがとう。佐久島。

c0177527_21485950.jpg


by kagawaarata | 2012-10-14 21:52 | Sakushima

佐久島〈4〉

そして、山を少し登った所にある、
「空の水一山」
c0177527_21292153.jpg



青木野枝さんの作品です。

c0177527_21292278.jpg



森と一体になっています。





そして、佐久島で私が1番見たかった作品。

c0177527_21292385.jpg


遠くからでも放つ存在感。


c0177527_21292420.jpg


近づくにつれてテンションも上がります。


c0177527_21292524.jpg


わぁお~~!!!!!



c0177527_21292657.jpg



「カモメの駐車場」
木村崇人さんの作品です。


c0177527_21292868.jpg


c0177527_21292918.jpg


風が吹くと、このカモメ達が動くので、キーキーと音を出します。

それがカモメの鳴き声に聞こえます。

c0177527_21293075.jpg



イミテーションでも、コレだけのカモメに会えるなんて、

萌え!!!!


c0177527_21293199.jpg


by kagawaarata | 2012-10-10 21:32 | Sakushima

佐久島〈3〉

西港の集落には、
「大葉邸」があります。
「ガリバーの目」
「弁天ハウス」などもあります。

c0177527_22334036.jpg


↑↑↑これは、ガリバーの目。





弁天ハウスには、二階に佐久島の郷土展示があります。

その中には、男女のもつれから生まれた、五寸釘が刺さった木が展示されてます。(・・・なんで)

興味がある方は是非!!


c0177527_22334194.jpg






かなり、お腹が空いてきたものの、飲食店が少ない佐久島。
食べ物を求めてさまよっていたところ、地元のおじさん達がBBQをしていました。
いいなぁ・・・と眺めていたら、

「おぃ、これ、何か分かるか??一口食べてみろ!」
と、丸焦げになった魚をくれました。身をほじって食べると・・・・


「お、美味しい・・・」

鮎のような風味で、身が柔らかくホワホワとした魚。
しかも、空腹の空腹で喰らった為、胃がキャーキャーと喜んでる。


なんと、それは「ナマズ」なのだそう。
まったく臭みもなく・・・・いや、その前にナマズって食べれるんだとビックリ。


その後は、カニやシャコやエビやブドウやらいっぱいご馳走になり、お腹パンパン。

屋久島のときといい、島に来ると私は誰かにご飯を食べさせて貰えるという縁があるみたい。


c0177527_22334229.jpg




「さっきもね、ここをいっぱい、人が通ったんだけど、あんた達にはなんだか食べさせてあげたくなったんだ。それは、物凄い得な事だよ!」と、おじさん達には言われましたが、食べ物を与えたくなるような顔つきってゆーのも ・・・・
はて、喜んでいいものなのか。

c0177527_22334389.jpg




そんな事を思いながら、カニやらエビやらを貪り喰っていたら、おじさん達の奥様達が帰ってきました。


どこぞの知らない女が、まだ自分も手を付けていない食材を貪り喰っているのを見て、おじさん達と喧嘩が勃発。

c0177527_22334499.jpg




あら申し訳無いなーと思いつつも、空腹には変えられない。
バクバクとある程度食べた後に、まだ食べ足りない様子の、カニを片手に持った友人を促し、喰うだけ喰ってその場を去りました。


さっきの弁天ハウスの五寸釘の木といい、佐久島の女性は嫉妬深いのかしら。(いや、普通は怒りますよね)

c0177527_2233456.jpg


by kagawaarata | 2012-10-07 01:19 | Sakushima

佐久島〈2〉

西港近くにある、
「おひるねハウス」
も南川祐輝さんの建築です。

c0177527_0235075.jpg




c0177527_0234716.jpg



c0177527_0234898.jpg



c0177527_0234919.jpg




建築といえば、大浦海水浴場の
「すわるとこプロジェクト」
建築学校の学生さんの作品です。

c0177527_0235264.jpg





座るとこといえば
高千谷の「星を想う椅子」
荒木由香里さんの作品です。

c0177527_0235315.jpg



海に流れ着いた廃材で作られているこの椅子。

c0177527_0235440.jpg




私達は、レンタサイクルで山越えをしてこの地に着いたので、物凄い疲労でこの場所に着きました。
自転車を使う時は、山越えよりも、海岸沿いのサイクリングをオススメします。

〈続く〉
by kagawaarata | 2012-10-05 12:10 | Sakushima

佐久島〈1〉

晴天に恵まれたこの日は、
もっそい早起きをして、
車に友人と夢と希望とゴボウチップスを詰め込んで、颯爽と佐久島へと出かけました。


途中で、朝の通勤渋滞ラッシュに巻き込まれて、私の膀胱が破裂しそうになるというハプニング!!
途中でコースを外れるというタイムロスもありましたが、
出港の30分前には、ちゃんと着きましたよ。


c0177527_13494231.jpg










東港を降りてからすぐにある展示作品。


「イーストハウス」
南川祐輝さんの建築作品です。

c0177527_13494362.jpg



c0177527_13494488.jpg



c0177527_13494533.jpg



c0177527_1349462.jpg




まったりと、ゆっくりとした時間が過ぎていきます。
〈続く〉
by kagawaarata | 2012-10-01 13:54 | Sakushima